敬老・長寿のお祝いにメッセージを送るなら「でんぽっぽ」。人気のぬいぐるみやお花も一緒にお届けできます。

祝電・お祝い電報 敬老・長寿のお祝い

敬老・長寿のお祝い電報

長寿祝いのおすすめ電報

でんぽっぽ

  • 祝電・お祝い電報「アレンジメント2 ピンク・レッド系」

    アレンジメント2 ピンク・レッド系

    生花 最短翌日

    12,700円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    バスケットなどの容器に吸水性スポンジを入れて、その上に花を挿して作り上げる商品です。写真はあく...

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「うるし 花ぐるま」

    うるし 花ぐるま

    最短当日

    7,500円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    本漆のケースに職人が1点1点蒔絵(まきえ)付けした高級うるし電報。結婚式や就任・昇進など、大切...

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「アレンジメント6 イエロー・オレンジ系」

    アレンジメント6 イエロー・オレンジ系

    生花 最短翌日

    12,700円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    バスケットなどの容器に吸水性スポンジを入れて、その上に花を挿して作り上げる商品です。写真はあく...

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「鶴と富士」

    鶴と富士

    最短当日

    5,047円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    高級感のある黒漆に、鶴と富士の蒔絵と金箔を施した縁起の良い絵柄のうるし台紙です。

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「マーマレードガーデン」

    マーマレードガーデン

    プリザ 最短翌日

    8,000円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    明るく元気なビタミンカラーのバラをふんだんに使い、カジュアルなお花畑をイメージしたプリザーブド...

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「御所車(ごしょぐるま)」

    御所車(ごしょぐるま)

    最短当日

    3,500円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    鮮やかな刺しゅう糸をふんだんに使い、豪華な御所車と梅をデザイン。梅や御所車の縁取りには金糸を使...

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「クリスタルローズ」

    クリスタルローズ

    プリザ 最短翌日

    5,000円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    ミラーにブルーやホワイトのバラを添えた、透明感のあるプリザーブドフラワー電報。フォトスタンドと...

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「紅梅(こうばい)」

    紅梅(こうばい)

    最短当日

    3,000円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    深く艶やかなえんじ色の和紙に、縁起の良い梅を可愛らしくちりばめた高級感ある水引き台紙。水引きは...

    この電報を送る
  • 祝電・お祝い電報「茜桜(あかねざくら)」

    茜桜(あかねざくら)

    最短当日

    2,500円(税抜)

    ※文字料金・送料込み


    朱赤の可愛い桜模様のちりめん生地がアクセントになった高級感のあるお祝い台紙。光沢のある茜色の生...

    この電報を送る

9月の第3月曜日は敬老の日。
おじいちゃん、おばあちゃん、ご両親など、
大切な人に感謝と尊敬の気持ちを伝える良い機会です。
離れて暮らしていたり、普段改めて「ありがとう」を伝えることの
少ない大切な人に、気持ちのこもったプレゼントを
電報で贈ってみてはいかがでしょうか。

気持ちを伝える特別なプレゼント

電報というと結婚式の祝電やお葬式の弔電などかしこまった場面で送る
イメージがありますが、それ以外の場面でも気持ちを伝えるプレゼントとして最適です。

最近では電報にも様々なバリエーションがあります。
一般的な紙の台紙だけでなく、高級感のあるうるしや刺しゅうの台紙、
ぬいぐるみやプリザーブドフラワーがセットになった電報など、
受け取った相手の喜ぶ顔を想像しながら、楽しく選んでいただけることでしょう。

電報メッセージは自分で考えて作ることもできますし、
文例集を参考に一部だけアレンジして作ることもできるので、
文章が得意でなくても大切な人に自分らしい感謝の気持ちを伝えることができます。

感謝の気持ちを電報で

普段改まって尊敬や感謝の言葉を伝えることのない、おじいちゃん、おばあちゃんや
ご両親にも、 敬老の日には特別なメッセージを伝えたいですよね。
電報は、受け取った時の驚きや喜びが大きいのはもちろんのこと、
後から読み返した時にも心が温かくなる、素敵なプレゼントです。

最近では携帯電話やスマートフォンなどで、離れて暮らすおじいちゃん、おばあちゃんとも
気軽に連絡がとれるという人も多いかもしれませんが、
電報という特別なプレゼントは、そんな身近な相手にもきっと喜んでもらえることでしょう。

今年の敬老の日は、ぜひ電報で感謝の気持ちを伝えましょう。

敬老の日に贈る電報のマナー

敬老の日に祝電を贈る場合は、次のようなことに気をつけましょう。
ちょっとした気遣いが、大切な人をさらに笑顔にしてくれるでしょう。

  1. お届け先と、日時を事前に確認
    電報はお届け日と時間帯を指定して申し込むことができます。
    せっかくのお祝いですから、敬老の日の当日に受け取ってほしいですよね。
    サプライズで贈る場合も、事前に相手の予定を聞いて、
    電報を受け取ってもらえる時間と場所を確認してから申し込みましょう。
  2. 年齢や健康への不安を感じさせないメッセージを
    敬老の日のメッセージは、お祝いとともに日頃の感謝と尊敬の気持ちを
    伝えるものですから、良くないイメージがある言葉や、体の衰え、
    病気などを連想させる言葉は避けましょう。
    また、「ご高齢なので」「もう若くないので」など、年をとったことを
    強調するような言葉も控えた方がよいでしょう。

健康と長寿を願いつつ、「いつまでもお元気で」や「近いうちに遊びに行きます」など、
親しみのこもったメッセージを贈りましょう。

電報マナー文例集(敬老の日)