TOP>ご利用ガイド>電報連載コラム>第27回 取引先に送る弔電・お悔やみ電報

海外へ電報を送る

吹き出し  電報連載コラム

取引先に送る弔電・お悔やみ電報

お悔やみ 百合 ろうそく

取引先に弔電を送る際は、社内のルールに沿って迅速に、かつ失礼がないよう注意して電報を手配する必要があります。ここでは取引先の関係者に不幸があった際の対応についてご説明します。


取引先に弔意を伝える際のポイント

社内規定の確認

取引先に弔意を伝えるにあたっては、まず自社内の関連規定や慣行などを確認します。社員や取引先の関係者の弔事の対応については、対応ルールが定められている企業や組織も多いので、いざというときにあわてなくてすむように、以下のような内容を一度確認しておくとよいでしょう。

取引先の訃報に際して…

・何をするか:弔電、供花、香典の手配や、葬儀への参列など

・誰がするか:弔電などを手配する担当部署、弔電や香典袋などの名義、葬儀の参列者など

・対象範囲:社員とその親族のみか、取引先の関係者も対象となるかなど

・費用:弔電、供花、香典などの金額、清算方法など

・利用サービス:電報や供花などの利用サービスが指定されている場合があります

弔電を送る場合

弔電を送る場合にはお届け先の郵便番号・住所、氏名(喪主名にするのが一般的です)、葬儀の日時などを確認のうえで手配します。弔電の手配の仕方については弔電・お悔やみ電報のマナーをあわせてご確認ください。

メッセージは文例集を参考に

電報メッセージの作成の際は、文例集をご利用いただけます。文例の一部を編集することも、そのまま利用することもできます。(ただし文例中で「●●」と表示されている部分は、お申込みの際に故人や受取人の名前に修正してください) また、故人の敬称については、 法事・法要に送る電報に記載していますので、あわせてご参照ください。

迅速にミスのない弔電を

取引先に弔電を送る際、迅速にミスなくお悔やみの気持ちを伝えられるよう、このコラムでご紹介している内容をぜひご参考にしてください。