TOP>ご利用ガイド>電報連載コラム>第2回 昇進・昇格・就任の祝電のポイント

海外へ電報を送る

吹き出し  電報連載コラム

昇進・昇格・就任の祝電のポイント

ビジネスパーソン

取引先やお世話になっている方の昇進・昇格・就任などの機会には、お祝いの電報を贈ってみてはいかがでしょうか。しっかりと配慮の行き届いた贈り方ができれば、相手からの信頼も高まることでしょう。ここでは電報を贈る際のポイントやマナー、文例をご紹介します。


祝電を贈る際のポイント・マナー

役職をしっかりと確認

電報の宛先に間違った役職名を記載してはいけないのはもちろんですが、その役職が相手先の企業でどのような意味を持つのかを確認できると、より適切な対応ができるでしょう。

同 じ名称の役職であっても、その意味は企業によって異なることがあります。「昇進」「昇格」などとされていても、実質的な地位が変わらなかったり、本人に とっては必ずしも喜ばしくないこともあります。可能であれば、事前に相手先の関係者などに確認すると間違いがありません。

辞令後1週間以内にお届け

昇進・昇格・就任のお祝いは、必ず正式な辞令が発表されてからお祝いをします。辞令後1週間以内には電報が届くように手配しましょう。なお、前任の方への 配慮や、万一の変更の可能性を考えると、正式な辞令が出る前に、内定の段階で電報が届くように手配するのは避けた方がよいでしょう。

お届けは勤務先の営業日に

取引先に電報を贈る際は、特別な場合を除き、自宅ではなく勤務先に届けます。お届け日には、土・日・祝日などを避け、相手先企業の営業日を指定しましょ う。また、お届け日は辞令の当日や翌日を指定するのが通例ですが、日取りを選んで手配する場合には、大安の日に合わせて贈るのもよいでしょう。

電報の選び方

電報には、一般的な紙の台紙だけでなく、高級なうるし台紙や、お花やギフトとセットで贈ることのできるものもあります。予算や用途によって選択できますので、会社で取引先へ贈り物や接待をする際の規定や慣習などがある場合は、事前に確認しておきましょう。

祝電のメッセージ文例

昇進・昇格・就任などのお祝いにご利用いただけるメッセージ文例をご紹介します。下に掲載した以外にも多数の文例をご用意しておりますので、よろしければ電報マナー文例集と併せてご確認ください。

「ご昇進おめでとうございます。多忙な日々が続くことと存じますが、ご自愛され、存分にご活躍くださいますようお祈り申しあげます。併せて、引き続きご厚情を賜りますようお願いいたします」

「この度は取締役へのご就任、おめでとうございます。日頃のご努力と卓越した実績の賜物と拝察いたします。今後、ますますのご活躍を心よりお祈りいたします」

「大役へのご就任、誠におめでとうございます。これまでの豊富なご経験を生かされ、更なるご躍進とご健康を心よりお祈り申しあげます」

「ご就任おめでとうございます。若くして重責を担われるご苦労をお察しいたします。御社の更なるご発展のため、ご活躍されることをお祈りいたします」

昇進・昇格・就任のお祝いには電報を

仕事などで普段からよく顔を合わせている相手でも、改めて敬意や感謝の気持ちを伝える機会は少ないかもしれません。心のこもったメッセージは、きっと贈る 相手との信頼関係を深めてくれることでしょう。お世話になっている方の昇進・昇格・就任などの機会には、ぜひ日頃の感謝もこめて、お祝いの電報を贈りま しょう!