お悔やみ電報の送り方やマナーを解説します。急な訃報にも、慌てずにお悔やみを伝えられるよう、ぜひご参考にしてください。

電報マナー・Q&A

弔電・お悔やみ電報マナー・Q&A

Q. 弔電を送るタイミングは?

A. 弔電は訃報を聞いたらすぐに手配します。

一般的には通夜に届けますが、通夜に間に合わない場合も、葬儀や告別式の前に届くように手配しましょう。ただし、配達が葬儀などの開始時刻より早すぎても、斎場で電報を受取ってもらえない場合があります。あらかじめ通夜や葬儀の時間を確認してから申込むとよいでしょう。

Q. 弔電の宛先や差出人の書き方は?

 どこに?
葬儀が行なわれる寺社・斎場など(自宅での葬儀の場合は自宅)に送ります。
 誰宛てに?
式斎場へ送る場合は、喪主宛てにフルネームで送ります。
できれば喪主名・故人名の両方を記載しておくとよいでしょう。
喪主氏名がわからない場合は「●●(故人のお名前)家 ご遺族」とします。
企業や団体が主催する場合は、葬儀責任者、部署、主催者宛てにします。
 差出人は?
差出人はご遺族が差出人と故人の関係を推察できるような書き方にします。
例)○○高校 ○年卒業生 □□□□
例)○○会社 営業部 □□□□

Q. 弔電で使う敬称は?

A. 一般に以下のような敬称が利用されます。

受取人の実の父: ご尊父[そんぷ]様、お父様、お父上(様)
受取人の妻の父: ご岳父[がくふ]様
受取人の実の母: ご母堂[ぼどう]様、お母様、お母上(様)
受取人の妻の母: ご岳母[がくぼ]様、ご丈母[じょうぼ]様、ご外母[がいぼ]様
両親: ご両親様、ご父母様
夫: ご主人様、ご夫君様
妻: ご令室[れいしつ]様、ご令閨[れいけい]様、奥様
祖父: お祖父[じい]様、ご祖父[そふ]様
祖母: お祖母[ばあ]様、ご祖母[そぼ]様
息子: ご子息(様)、ご令息(様)
娘: ご息女(様)、ご令嬢(様)、お嬢様
兄: 兄上様、ご令兄[れいけい]様、お兄様
姉: 姉上様、ご令姉[れいし]様、お姉様
弟: ご令弟[れいてい]様、弟様
妹: ご令妹[れいまい]様、妹様
家族: ご家族様、皆様、ご一同様

Q. 忌み言葉って?

A. 弔電では以下のような言い回しは「忌み言葉」として避けるのが一般的です。

繰り返し言葉:
重ね重ね・またまた・たびたび・再三・再び(不幸が繰り返される意味になるから)
不吉な数字:
「九」「四」(「九」は苦しみに通じ、「四」は死に通じるから)
不幸な言葉:
苦しむ・迷う・浮かばれない・いよいよ・とんだこと(故人が成仏できていない意味になるから)