電報っていつから始まったの?あまり知られていない電報の歴史をインフォグラフィックで分かりやすくご紹介します。

電報の歴史がわかるインフォグラフィック

電報って、いつから始まったのでしょう?
日本では、電話機が発明される6年前に、電信(電報)が初めて
設置されました。最初は東京と横浜を繋いだだけでしたが、
その後、緊急の連絡や、お祝い、お悔やみだけでなく、
手紙よりも急いで伝えたいメッセージを送る
一つの手段として、定着しました。

  • 電報のイロハ
  • 通信と電報の歴史
  • 送るシーンとギフトの種類

いかがでしたか?
電報の歴史を振り返りつつ、電報を送るシーンはこんなにもある!
ということが、お分かり頂けたのではないかと思います。
現在は、特別なお祝いやお悔やみのシーンで使われることが多い
電報ですが、誕生日や母の日、父の日、バレンタインデーなどにも、
プレゼントを添えて送れば、喜ばれるはずです。