TOP>ご利用ガイド>電報連載コラム>第15回 電報でサプライズ!アイデア集

海外へ電報を送る

吹き出し  電報連載コラム

電報でサプライズ!アイデア集

サプライズプレゼント

電報といえば冠婚葬祭に使うものというイメージが強いかもしれません。しかし、最近ではさまざまな場面で喜びと感動を贈るサプライズプレゼントとしても利用されています。ここでは、サプライズ電報のアイデアをいくつかご紹介します。


結婚式で感動のサプライズ!

結婚式では定番となっている祝電も、使い方を工夫すれば感動的なサプライズの演出になります。新郎から新婦へ、あるいは新婦から新郎へと内緒で祝電を手配しておき、式や披露宴で司会者に読み上げてもらうのはいかがでしょうか。たとえば…

「結婚してくれてありがとう。これからもよろしくね」
「ついにこの日がやって来ましたね。2人で力を合わせて、幸せな家庭を築きましょう」

感謝の気持ちや「これからもよろしく」という気持ちを込めた祝電を贈れば、素敵な演出になるでしょう。披露宴で読み上げられるのは恥ずかしいという場合は、スタッフにお願いして控え室に届けてもらったり、帰宅後自宅に届けてもらったりするのも素敵なサプライズになります。

海外へも祝電を!

でんぽっぽは、海外へ電報を贈るサービス(国際でんぽっぽ)も提供しています。フォトフレームの台紙やベーシックな台紙であれば世界中に電報を届けることができます。ワイキキとグアムにはスパークリングワインのセットなど、豪華なギフトつきの祝電を贈ることもできます。

送別会や退職当日に送る場合は、まだ会社に在籍中であるため、宛名に役職名や肩書きをつけて海外で挙式する親戚や友人、誕生日や結婚記念日などを海外で過ごす人に宛てて、国際でんぽっぽをぜひご利用ください。もよいでしょう。退職後にご自宅に届けるのであれば、会社名や役職などをつけず、お名前のみでよいでしょう。

電報でプロポーズ!

「恋人の最高の笑顔が見たい!」そんなプロポーズの機会に、電報で素敵な演出をしてみてはいかがでしょうか。プロポーズする予定のレストランやホテルにあ らかじめ頼んでおき、花束やプリザーブドフラワーつきの電報がタイミングよく渡せるように手配すれば、恋人もきっと驚くはずです。

「結婚しよう」の言葉を記した電報は、きっと二人にとって大切な記念品となることでしょう。最高の笑顔と思い出を、心にも形にも残しましょう。

おじいちゃんおばあちゃんへのサプライズ

敬老の日のお祝いや、還暦、喜寿、米寿といった長寿祝いにもサプライズ電報は喜ばれます。長生きしてほしいという願いを込めたお孫さんからのプレゼント は、おじいちゃんやおばあちゃんにとって大変嬉しいものだと思います。フォトフレーム台紙であれば、お孫さんの写真を飾ってもらうこともできておすすめで す。

ペットのお祝い事にも電報を

家族の一員であるペットの誕生日や、友人のペットが出産した際にも、電報でお祝いしてみるのはいかがでしょうか。おめでたい機会に合わせて大切なペットへの気持ちを届ければ、よい記念になることでしょう。

イラスト&フォト電報で世界に一つだけの贈り物

でんぽっぽでは、イラストや写真を画像で取り込んでメッセージを作成することができます。写真で元気な姿や晴れ姿を贈ったり、寄せ書きを作成して電報として贈ったり、使い方はいろいろ。世界に一つだけのオリジナル電報を贈れば、きっと大きな感動を届けられるでしょう。

アイデアは無限大!喜びと感動を贈ろう!!

今回ご紹介した以外にも、電報はアイデア次第でさまざまなサプライズプレゼントに利用できます。大切な方へ、ぜひ喜びと感動を贈りましょう!