TOP>ご利用ガイド>電報連載コラム>第12回 プリザーブドフラワーの選び方

海外へ電報を送る

吹き出し  電報連載コラム

プリザーブドフラワーの選び方

花

大切な人への祝電・弔電には、心をこめたメッセージとともに、長く飾っておくことのできるプリザーブドフラワーを送ってみてはいかがでしょうか。お祝いやお悔やみなど、電報を送るシーンに合わせたプリザーブドフラワーの選び方をご紹介します。


祝電と一緒に、華やかなプリザーブドフラワーを

結婚式や出産といったお祝い事で祝電を贈る時には、ぜひ華やかなプリザーブドフラワーを選んでみましょう。

結婚のお祝いに花言葉でメッセージ

新しいカップルの誕生と末永い幸せを願ってプリザーブドフラワーを贈る場合は、やはり明るい雰囲気のものを選びたいですね。でんぽっぽでは、明るいピンクのバラや、花嫁をイメージした清楚な白いバラのアレンジメントなど、様々なバリエーションをご用意しています。

結婚のお祝いをする時には、花言葉に注目してみるのも面白いかもしれません。たとえば、赤いバラは「愛情」、ピンクのバラは「温かい心」、白いバラは「相 思相愛」、オレンジは「絆」など、同じバラの花でも色によって花言葉は違います。贈る相手に合わせてお花を選ぶと、よりいっそう喜ばれるのではないでしょ うか。

出産のお祝いに、かわいらしく元気な色のお花

出産を無事終えたママと、産まれたばかりの赤ちゃんには、かわいらしいイメージのプリザーブドフラワーがオススメです。赤ちゃんが女の子であれば、明るい ピンク色、男の子であれば、元気でさわやかな印象のオレンジ色を中心としたアレンジメント…、といった具合に、赤ちゃんの性別によってお花の色を変えても いいでしょう。

弔電にも、気持ちの伝わるプリザーブドフラワーを

親しい方とのお別れには、弔電とともにお花を送ることがあります。ご葬儀などにあたって、ご遺族の方々は慌ただしく過ごされていますから、電報と一緒に送 るなら、花瓶に移したり水を換えたりする手間がなく、そのまま飾れるプリザーブドフラワーが最適です。また、ご葬儀や告別式だけでなく、四十九日、一周忌 などの節目にもお使いいただけます。

白を基調とした気品あるアレンジメント

お悔やみに送るお花は、白を基調としたアレンジメントが主流です。気品にあふれたアレンジメントで、お悔やみの気持ちを伝えましょう。また、白に紫のお花 を添えたものもよいでしょう。紫のバラは「誇り、尊敬」といった花言葉を持っていますから、目上の方へのお悔やみにも適しています。

温かくやさしいピンクのアレンジメント

故人が女性の方なら、淡いピンクのアレンジメントを選んでみてはいかがでしょうか。お花がお好きだった方であれば、ご遺族にも温かい気持ちが伝わるでしょう。

プリザーブドフラワーと電報で、伝わるまごころ

送る相手やシーンに合わせたプリザーブドフラワーは、大切な方へのまごころを伝えてくれます。送る相手を思い、受け取られた時のことを想像しながら、最適な電報をお選びください。