電報連載コラム「母の日に電報でありがとう」。KDDIグループの電報サービス「でんぽっぽ」が、祝電・弔電を送る際のお役立ち情報をお伝えします。

海外へ電報を送る

吹き出し  電報連載コラム

母の日に電報で「ありがとう」

母の日 お花

5月の第2日曜日は母の日です。普段お母さんや奥さんに改まって感謝の気持ちを伝える機会の少ない人も、年に一度の母の日に「ありがとう」のメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。きっと思い出に残る母の日になることでしょう。


定番の生花やプリザーブドフラワー

母の日のギフトといえばお花が定番です。でんぽっぽでは、ピンク・レッド、イエロー・オレンジといった華やかな色の花束やアレンジメント、プリザーブドフラワーなどをご用意しています。

お花を選ぶ際は、相手の好きな色や花言葉などで選ぶとよいでしょう。 花言葉については、いろいろな花言葉のご紹介でとりあげていますので、よろしければご参考にしてください。

写真を飾れるフォトフレーム台紙を贈る

母の日のプレゼントとして、フォトフレーム台紙もおすすめです。電報のメッセージ台紙に、家族の思い出の写真を飾ることができるため、実用的で長く残しておくことができます。でんぽっぽでは、『小花』『ローズ』『さくら』の3種類のフォトフレーム台紙をご用意しています。どれも落ち着いたデザインのため、年齢を問わずご利用いただけます。

バラエティ豊かな台紙から選ぶ

台紙は他にもたくさんの種類があります。格調高い電報を贈りたい場合はうるしや刺しゅうの台紙がぴったりです。また、お花の好きな方に、生花やプリザーブドフラワーだけでなく、押し花の台紙もおすすめです。さらに、でんぽっぽオリジナルの『クラフトブックス』は、台紙を開くと3Dクラフトにライトが灯り、メロディが流れて、大切な人への特別な気持ちを演出します。

メッセージ作成も安心

「お母さん、いつもありがとう。照れくさくて口には出せないけど、感謝しています。いつまでも元気でいてね。」(文例番号:5901)

「お母さんいつもありがとう。若々しくって、明るい太陽みたいなお母さんが大好きです。長生きしてね。」(文例番号:5902)

メッセージは、ストレートな言葉で気持ちを伝えるとよいでしょう。悩んだときには文例集を参考に、部分的にアレンジを加えると、無理なくオリジナルのメッセージを作成いただけます。

電報で「ありがとう」の気持ちを伝えましょう

年に一度の母の日は、家族のためにがんばってくれているお母さんや奥さんに、感謝の気持ちを伝えるよい機会です。普段なかなか言えない素直な気持ちを電報で伝えてみてはいかがでしょうか。