吹き出し  電報連載コラム

水引きの種類と選び方

水引き

水引きはお祝いやお悔やみ、季節の贈答など、さまざまな場面で包み紙や封筒に使用される飾り紐です。水引きの色や結び方には意味があり、目的に合わせた使い分けが必要です。ここでは、水引きの結び方の種類と意味、正しい使い方をご紹介します。


「花結び」は何度あってもよいお祝い事に

「花結び」は、「蝶結び」とも呼ばれ、結び目を解いて何度も結び直せることから、何度あってもよいことに用いられます。

出産祝いや入学祝いなどの 一般的なお祝い事に加え、記念行事やお礼、お歳暮などのご挨拶に適しています。一般的なお祝い事には、水引の色が「赤・白」または「赤・金(銀)」のもの が使われます。でんぽっぽの『リボン結び』のように「金・白」の水引きもありますが、これはどのようなお祝い事にも利用できるものです。お祝い事全般にぜ ひご利用ください。

ただし、結婚祝いに花結びを使ってはいけません。結婚を繰り返す、すなわち離婚・再婚の意味になってしまうためです。

「結び切り」は一度きりのお祝い事、繰り返したくないお悔やみ事に

「結び切り」は「固結び」とも呼ばれ、結び目が固くて解けないことから一度きり、もしくは繰り返したくないことに対して用いられます。

お祝い事なら結婚祝いや、繰り返したくないお祝いである快気祝い、またお見舞いなどにも使用します。お祝いに使う結び切りの水引きの色は、結婚祝いや一生に一度の長寿祝い用なら「金・銀」または「赤・銀(金)」です。お見舞い用なら「赤・金」が使われます。

でんぽっぽでご用意している祝電用の『結び切り(慶)』は、やわらかなピンクの電報台紙にモダンなデザインの水引きがあしわられていて、結婚祝いや快気祝い、傷病・災害のお見舞いなどにご利用いただけます。

また、結び切りは通夜や告別式といったお悔やみ事でも使用されます。結び切りの水引きは、「黒・白」のものが一般的です。「藍・銀」や「黄・白(銀)」を使う地域もあります。

で んぽっぽでご用意している弔電用の水引き台紙は、『結び切り(弔)』『荘厳結び』の2種類です。『結び切り(弔)』は濃い紫色の台紙に白いシンプルなあわ じ結び、『荘厳結び』は白い台紙に銀の水引きをあしらったもので、お葬式や告別式、法要などお悔やみ事に幅広くご利用いただけます。

お祝い、お悔やみ両方に使える「あわじ結び」

「あわじ結び」はあわび結びとも呼ばれ、一般に結び切りの一種とされています。結び目が複雑に絡み合い、両端を引っ張るとさらに結び目が固くなることから、末永いお付き合いを願う意味を持ち、慶事と弔事のどちらにも使われます。

慶事用の松結びや竹結び、亀結び、そして弔事用の荘厳結びや華鬘(けまん)結び、逆あわび結びなどの「飾り結び」もあわじ結びの一種とされることがあります。あわじ結びは華やかに見えるため、結婚祝いではあわじ結びを使うことも多いようです。

用途に合わせた水引きで気持ちを伝えましょう

お祝い、お悔やみどちらの場面でも、水引きの選び方を誤ると、せっかくの気持ちが伝わらなくなってしまうかもしれません。正しい知識を身につけて、目的にあった水引きを送りましょう。

電報のお花選びのご参考に

いかがでしたか。結婚や出産、誕生日などの祝電や、お悔やみ事の弔電に、今回の花言葉もご参考にお花を一緒に送ってみてはみてはいかがでしょうか。

※でんぽっぽでご用意している生花は胡蝶蘭を除き、お花の選定・制作をおまかせいただいています。プリザーブドフラワーの花の種類は各商品のページでご確認ください。