TOP>ご利用ガイド>電報連載コラム>第6回 叙勲・褒章のお祝いに贈る祝電

海外へ電報を送る

吹き出し  電報連載コラム

叙勲・褒章のお祝いに贈る祝電

胡蝶蘭

春秋の叙勲・褒章や、文化勲章などについては、毎回メディアでも大きく取り上げられているので、耳にする機会もあることでしょう。ここでは叙勲・褒章についての基礎知識と、祝電を贈る際に役立つ情報を取り上げます。


叙勲・褒章の基礎知識

叙勲・褒章は、国家や公共に対して功労のある方や、社会の各分野で優れた功績のある方などを表彰するものです。よく知られている春秋叙勲・褒章(毎年4月29日・昭和の日と、11月3日・文化の日に授与)や、文化勲章(同11月3日)の他にも、いくつかの種類があります。

叙勲

叙勲には、一般に知られている「春秋叙勲」や「文化勲章」の他、「危険業務従事者叙勲」(警察官、自衛官など著しく危険性の高い業務に精励した者に授与)や、「高齢者叙勲」(春秋叙勲で勲章を授与されていない功労者が88歳に達した機会に授与)などがあります。

授与される勲章の種類には、大勲位菊花章 (だいくんいきっかしょう)、桐花大綬章(とうかだいじゅしょう)、旭日章(きょくじつしょう)、瑞宝章(ずいほうしょう)、文化勲章(ぶんかくんしょう)などがあります。

褒章

褒章の種類には紅綬(こうじゅ)、緑綬(りょくじゅ)、黄綬(おうじゅ)、紫綬(しじゅ)、藍綬(らんじゅ)、紺綬(こんじゅ)の各褒章があります。

それぞれの褒章に対象者が定められており、例えば紅綬褒章は「自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した者」、緑綬褒章は「自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著である者」などとされています。

電報を贈る際のポイント

受章内容を確認

上に挙げたように、勲章・褒章には様々な種類があり、それぞれに対象者が定められています。受章者へ電報を贈る際は、どの章を受章されたのかを事前に確認しましょう。

なお、勲章・褒章の種類と、それぞれの授与対象については、内閣府のホームページに詳しい説明が掲載されています。

電報の届け先と日時を確認

電報を手配する際は、受け取ってもらうことのできる場所と日時を事前に確認しましょう。自宅や勤務先へのお届けが一般的ですが、祝賀会などに送る場合は、その会場で受取が可能かを確認してから手配をすると、配送上のトラブルなどを避けることができます。

電報を贈る際のポイント

叙勲・褒章を受けた方へ贈るメッセージの文例を紹介します。これらを参考に、相手とのご関係などから、文章をアレンジしてメッセージを作成していただけます。

※文中で「●●章」となっている部分は、実際に受章された勲章・褒章に置き換えてご利用ください

「栄えある●●章の受章おめでとうございます。近くにいた身としては、自分のことのようにうれしく思うと同時に、まじめに努力することの大切さをあらためて感じました。からだに気をつけて、これからも良き目標であってください」

「栄えあるご受章、誠におめでとうございます。

心からお祝いを申し上げますとともに、今後ますますのご健勝をお祈りいたします」

「このたびの叙勲、おめでとうございます。

先生の長年のご功績が認められ、栄えある受章をされたこと、一同、心から喜んでおります。

どうかこれからもお元気でご活躍されますよう、それがみんなの願いです」