吹き出し  電報連載コラム

弔電・お悔やみ電報のマナー

線香

葬儀や法事に参列できない場合に送る弔電(お悔やみ電報)は、ご遺族の悲しみに対する配慮やスピーディーな対応を忘れてはいけません。そこで、ここでは弔電を送る際のポイントやマナーをまとめました。


弔電で気をつけるポイント

弔電は急な訃報に接して打つことが多いため、あわててミスをしないよう、しっかりと確認して手配する必要があります。葬儀や法事の日時、お届け先の郵便番号・住所、故人名・喪主名、受取人と故人の続柄などをあらかじめ確認します。

お届け日時は、式典の開始前に届くようにします。お届け先は葬儀や法事が行われる斎場やお寺、自宅などになります。 受取人名(宛名)は送り状とメッセージに記載しますが、送り状の受取人名は、喪主名にするのが一般的です。わかる場合は喪主名と、故人名の両方を記載して おくとよいでしょう。メッセージの宛名は、メッセージを届けたいご遺族の名前にします。

弔電を申し込むタイミング

葬儀や法事の日程がわかったらすぐに手配しましょう。でんぽっぽなら24時間いつでもインターネットでお申込みいただけます。ただし、訃報を受けたあとの 打電があまりに早すぎると「その時を待っていました」と受け取られて失礼になってしまうこともあります。お通夜や告別式、法事の当日(開始前)か前日に届 くように手配するのが一般的です。

弔電のメッセージ

文例集などを参考に、不幸を悼む思いやご遺族への励ましの気持ちを伝えましょう。弔電の場合、あまりオリジナリティを意識しすぎず、ある程度かしこまった 文面にとどめることで、失礼のないメッセージを作ることができるでしょう。また弔電では、受取人と故人との続柄を独特の敬称で表します。続柄と敬称につい ては法事・法要に送る電報をご参照ください。

弔電にふさわしくない言葉

弔電では使うべきではないとされる「忌(い)み言葉」があります。以下に例を挙げていますので、メッセージを作成する際はご注意ください。

・死を直接的に表現する言葉

「死ぬ」「死亡する」「倒れる」など

・不幸が重なる印象を持たせる言葉

「たびたび」「くれぐれも」「また」「再三」「繰り返し」「追って」など

・故人の苦しみを思わせるような言葉

「迷う」「苦しむ」「浮かばれない」など

・その他

「四」「九」などの不吉とされる数字、「いよいよ」「とんでもないこと」などの大げさな表現

また、宗教・宗派によっては使わない言葉があります。たとえばキリスト教の葬儀などでは「お悔やみ」「冥福」「成仏」といった仏教用語は使いません。